しまった!飛行機に乗り遅れた…!そんな時に行うべき対処法3選。まずは落ち着いて深呼吸

しまった・・・!飛行機に乗り遅れてしまったー😭

 

こんな時、絶望的になりますよね。私も今まで世界20カ国を旅してきて、何十回も飛行機に乗り遅れました。ドキドキ鳴り止まない心臓。

 

特にLCCであれば普通の航空会社よりも対応がかなり雑です。(その分安くしているので)

また、LCCのチケットであれば返金不可のチケットを購入している方がほとんどかなと思いますが、往復で予約している場合、乗り遅れたことにより帰りのチケットもキャンセルされてしまう可能性もあります。

 

飛行機に乗り遅れて困惑しているときに、帰りの便までキャンセルになってしまったら溜まったもんじゃ無いですね。ですので、そんな時こそ行うべき対処法3選をご紹介したいと思います。

 

飛行機に乗り遅れた時に行うべき対処法3選

飛行機に乗り遅れたことが確実になった時に行うべき対処法をまずご紹介します。(飛行機に乗り遅れるかもしれない・・・!という場合も後ほどご紹介します)

 

1.空港に向かう

 

飛行機に乗り遅れてしまった場合、『もうどうしよう〜』とプチパニックになる場合が多いです。(私自身がそうでした。)

 

しかし、まず一番にやるべきことは空港に向かうことです。家にいたとしても事態は解決しません。もしかしたら飛行機の遅延が起きているかもしれませんし、振替便が飛んているかもしれません。ですので、飛行機に間に合わないとわかっていても空港に行くことをオススメします。

 

また、フライトに乗り遅れたとしても追加料金なしで次の便を予約することのできる『フラット・タイヤ・ルール』という制度があり、こちらは出発予定時間の2〜4時間以内に空港に到着していないといけないので、兎にも角にもまずは空港へ向かいましょう。

 

早急に航空会社に連絡し、フラットタイヤルールを確認する

飛行機に乗り遅れてしまうと、振替不可のチケットの場合買い直すしかありません。なので私自身も今までは買い直すことをしていました。そうなると経済的負担も大きいですよね。

しかし、実は航空会社には表に公表されていないフラットタイヤルールという非公式の振替ルールが存在します。

 

まずは早急に搭乗する予定だった航空会社へ連絡をしましょう

 

航空業界には昔から、フライトに乗り遅れた利用客のためにフラットタイヤと呼ばれるルールが存在します。

 

本来予約した便の出発時刻から、2時間以内に空港に到着した場合にかぎり、追加料金なしで次のフライトのキャンセル待ち航空券を再予約ができるというものです。

 

なつき
え!!そうなのΣ੧(❛□❛✿)これはすごい!!

しかしこれは非公式なので、航空会社のHPで確認しようとしても出てきません。また、フラットタイヤルールは、航空会社の運送約款には書かれてないので必ず適用される保証はありません

 

きっと航空会社はあまりこのことを知られたくないのでしょう。旅好きな方でも、航空会社が公開してないので知らない方後多いと思います。(私も知りませんでした)

 

また、フラットタイヤルールの判断は、各航空会社のサービス担当者の判断になるので、しっかりとした服装や礼儀正しい態度で、丁寧に乗り遅れてしまった理由を伝えるのがいいでしょう。間違っても怒鳴っていたり、イライラしたりしていると、適用されないと思いますので、気をつけましょう。

 

必要な書類を全て用意しておく

航空会社によるあらゆる状況を想定し、必要そうな書類は全て用意しておきましょう。

  • パスポート
  • 身分証明書
  • 航空券
  • 航空券を購入したクレジットカード
  • 航空券を購入した時の領収書・Eメール
  • 遅延証(あれば)

 

などなど・・。予約した時の領収書、クレジットカードは必須ですね。また、あなたが保たれているクレジットカードによって旅行保険が適用される場合もあるので、お手持ちのクレジットカードも調べて見てください。

 

 

====================

ここまで飛行機に乗り遅れた時にやるべき対処法3選をご紹介しました。先ずは落ち着いて、空港に向かいながら諸々確認してみてくださいね。

そして深呼吸もしましょう

 

では次に、飛行機に乗り遅れそうな時にやるべき対処法3選をご紹介したいと思います。

 

飛行機に乗り遅れそう・・!な時にやるべき対処法

やばい寝坊した!飛行機に乗り遅れそう!そんな時ってありますよね。

 

乗り遅れることは確実じゃ無いけど、もしかしたら乗り遅れてしまうかもしれない・・・!そんな時こそやるべき対処法!これだけは絶対にやっておくべき!ことをご紹介します。

 

オンラインチェックインをしておく

 

飛行機に乗り遅れそう・・・!そんな時はオンラインチェックインを済ませておきましょう。

 

実際に私自身も、韓国から日本に帰国する便で、ターミナルを間違えて飛行機に乗り遅れそうになったことがあります。

 

『うわ・・。終わった』

 

一瞬はそう思ったのですが、すかさずオンラインチェックインをして、ダッシュで搭乗口まで走ったことにより、国際線なのにも関わらず到着30分までも飛行機に乗る事が出来ました!

 

 

国際線であれば出発から約1時間前、国内線であれば出発から約30分前にゲートが閉まります。(航空会社によっても違うので、詳しくは確認ください)

 

オンラインチェックインをしておくと、チェックインをする事なくそのまま搭乗ゲートへ進むことができます。逆にオンラインチェックインをしていないと、出発の30〜1時間前に空港に到着した際に、チェックインカウンターが閉まり搭乗できないという事態になりかねません。

 

 

ですので、オンラインチェックインをしておくことをオススメします。

 

まとめ

飛行機に乗り遅れた時、乗り遅れそうな時の対処法をまとめてみました。いかがでしたか?

 

まずは落ち着いて、深呼吸をして、冷静に行動をしてみてくださいね。私自身も何回も飛行機に乗り遅れた事があるのですが、本当に『生きてるだけで丸儲け』です。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

=====================

私が月1海外旅行をして地球を丸ごと楽しみつくし、時間場所、自分にまで囚われない人生になれた秘訣の

スペシャル対談動画をプレゼント中💕

 

LINE IDはこちらで検索『@sbz1193g』

 

杏樹ナツキ公式LINE

ブログやSNSではお伝えしてない
ビジネスの最新情報や旅のお得情報について発信しているよ〜!

=====================

実践大学WAVE〜人生の波に乗ろう〜

 

スクリーンショット 2021-01-05 10.58.40

実践大学Waveは、大学以上に学べる実践型のオンラインスクールです。

大学では「学部や専攻」「コース」があり、なかなかいろんな分野を学べる機会ってないですよね。

✔︎どうせ学ぶならいろんな分野を学びたい!
✔︎新たな知識やスキルを身につけたい!
✔︎自分の可能性を開花させたい!

 

そんなあなたに朗報です✨

 

実践大学Waveでは、
「ビジネス」「ボディメイク」「働き方」「ライフスタイル」「旅」「マイル」「ホテル」「子育て」「スピリット」「思考」などなど、さまざまな分野で活躍している講師をお招きしてオンラインセミナーを毎週月曜日、木曜日の21時から開催しています!

 

ただ学ぶだけでなく実践型として即アウトプットが出来る今までにない!前代未聞!のスクールです🌈

 

■参加方法■

参加フォームに記入
↓↓↓

https://saipon.jp/h/vwz480/

=====================

 

 

 

 

他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です