【実体験】海外でスマホを盗まれた時の対処法をお伝えします

海外でスリに遭う!というのはよく耳にしていたのですが、まさか自分の身の回りで起こると思ってる方は少ないと思います。実際に私もそうでした。

 

が、なんと!人生初、海外でスマホをスラれ(盗まれ)ました。

 

パスポート、財布の次に多いのがスマホのスリ事件。

実際にスラれ(盗まれ)た時は半分パニック状態だったのっですが、保険なども適用してなんとか新しいスマホを手に入れることができたので、実体験からスマホを盗まれた時の対処法をお伝えします。

 

あ、でもちなみにiPhoneの作動のことを書いていきますが、アンドロイドの方は旅行保険などを参考にしてみてください。

 

iPhoneの紛失モードを作動する

まずスマホを盗まれたらiCloudにログインをして、紛失モードを作動させます。

 

紛失モードはiCloudにログインをして、iPhoneを探すを押します。(一番右下ですね)

iPhoneを探すを選択すると、紛失モードが出てくるで、紛失モードをクリック。

この紛失モードを作動させることによって、第三者がロックを解除できないようになり、Apple Payなど携帯に登録していたクレジットカード機能も使えなくなります。

 

通常のiPhoneのロックだと、簡単に開けられてしまうので必ず紛失モードをしておきましょう。

心配であればiPhoneを消去にする

紛失モードでも、携帯の中に大事な情報が入っていて!

と心配な方は「iPhoneを消去」を選択するといいです。

 

iPhoneを消去をすると、ストレージ上のアプリや各種データは完全に消去され、iPhoneは工場出荷時点の状態(ただしiOSは最新の状態)へと戻ります。

なのでバックアップなども全て消えてしまうことになりますが、どうしても心配!という方にはオススメ。

 

普段からiPhoneを探すをオンにしておく

この紛失モードは普段からiPhoneを探すをオンにしていないと行うことができません。iPhoneを探すは、「設定」を開き、一番上の項目の自分の名前を選択します。

 

次に「探す」を選択

それからiPhoneを探すを「オン」状態にしておきます。

GPSがついてるので、電源が入ってる時であれば自分のiPhoneがどこにあるのかを確認することができるようになっている機能です

 

携帯会社に連絡し、回線の停止

海外SIMではなく、日本のSIMキャリアをそのまま使っていた場合、携帯電話を止めてもらうように携帯会社へ連絡します。

 

海外SIMの方は、電話番号なども有効期限つきのものなので心配されなくて大丈夫です。(こういうこともあるので、海外へ行く際はSIMを使いましょう

 

警察署へ行く

深夜の危険な時間帯を除き、出来るだけ明るくて安全な時間帯に警察署へ行きましょう。出来るだけ早く警察署へ行き、盗難証明書を発行してもらいます。

 

この盗難証明書があれば、クレジットカードなどの保険を使用して保険金の支払いがいただけるようになります。

警察署へ行くときはパスポートを忘れずに!

 

 

 

しかしこれには例外があって、私は友人がスマホをすられたのですが、夜遅かったのと次の日の早朝の飛行機だったので警察署へ行く時間がなかったのです。

なので、そのままの出来事をクレジットカード会社に連絡したところ、スマホが盗まれた事を立証できる方がいれば、その方が手書きで状況を書いてくれれべそれでいいと言われたので、警察署へは行ってません。(行く時間がありませんでした)

 

深夜の危険な時間帯や、警察署に立ち寄る時間がない!という方は保険会社、もしくはクレジットカード会社に連絡して相談されてみてください。

ちなみに私の友人のカードはアメリカンエキスプレスのSPGカードでした。

 

 

保険会社に電話

海外旅行保険に加入されてる方は保険会社に、クレジットカードに付属されている保険がある方はクレジットカード会社に電話します。

 

海外旅行保険つきのクレジットカードは、旅行の交通費を支払って得られる「利用付帯」と、クレジットカードを持っているだけで保障を受けられる「自動付帯」の2種類があります。

 

利用付帯 クレジットカードを使った場合保険適用
自動付与 クレジットカード持っているだけで保険適用

 

エポスカードは海外保険が自動付帯になっているカードです。

 

逆にクレジットカード保険が自動付与でない場合。利用付与のカードは、旅行代金の支払いにクレジットカードを利用していないと、保険が適用されません。

 

 

アメックス全般は自動付与ですが、そうじゃないカードもあるので今一度お手持ちのカードが「利用付与」か「自動付与」のどちらなのかを確認しましょう。

 

 

ダントツで一番人気なのはエポスカード、年会費無料なのに保険の適用額も大きく、人気が高いです。普段のカードも「保険」を確認して作るといいですね。

 

 

アメックスのSPGカードは保険が10万円まで降りたので、新しいiPhone(12万円)を実質2万円で購入できました!

なんの機種の携帯を使っていたかによって、最大保険金額が変わってきます。しっかりと保険会社、クレジットカード会社に確認しましょう

 

新しいiPhoneは現地で購入し、iPhoneを購入するのは30分くらいで終わりました。

バイクでスマホをスられた話。

実は私自身がスマホを盗まれた(スられた)訳ではなく、私と一緒に旅をしていた知人がスマホをスられたんですよね。

 

よく聞く話だとバックから取られて、とか、写真をとってもらおうとしたらそのまま持ち逃げされたとか・・・。だと思うのですが、私の知人はセルか棒の先にスマホをはめ込んでいて、歩いてた時にバイクでひったくられたのです。

 

相当な力だったらしく、セルカ棒の半分折れてそのままバイクで持って行かれてしまいました。残ったのは折れた半分のセルか棒のみ。笑

今思えば「そんなことってある?」と言いたくなるような実体験で笑えてくるのですが、スられた(引ったくられた、それもバイクでw)時は全然笑えません。むしろ深刻w

 

 

動画にもあげましたので、こちらもぜひ参考にしてみてください↓

 

実際にスリに遭ってみて

日本だけで生きてると、犯罪が日常茶飯事!とか、街を歩いてるだけで危険!ということもないので、あまり馴染みがない事件かもしれないのですが、海外ではよくあります。

 

 

実際にスリに遭ったことによって、思ったことが4つ。

 

1.体は無事でよかった。

スられたといえどもスマホ、これが人質や殺されたりなんてしていたら・・・。と考えると命あるだけで丸儲けってこのことなんだなと、腑に落ちましたw

 

 

 

2.日本のSIMカードを抜いておいてよかった

海外SIMを利用していたので、携帯回線を止める必要もなかったですし、もし携帯回線を止めてしまったら再発行の手続きなどめちゃくちゃめんどくさかったと思います。無くしもいいものにしていたからこそ楽だったということですね。

 

 

 

3.クレジットカードは超重要

最近はキャッシュレスな社会になってるので、クレジットを持っている方が大半だと思いますが、クレジットのおかげで知人も保険が使えていたので、クレジットカードは持つべきものだなと思いました。

オススメカード:エポスカード

 

 

 

4. iPhoneを探すをオンにしておいてよかった

これ、普段からやってなければ携帯紛失して、悪用されて終わりだったかもしれません。普段からオンにしておくのは超重要ですね。

 

まとめ

トラベル=トラブル

なので、海外旅行にトラブルは付き物です。もしスマホをスられたとしても、盗まれたとしても落ち着いて行動しましょう。

また、治安の悪い地域や国もあるので、その土地に行ったら必ず土地の情報リサーチはしておきましょう。

 

私もまさか本当にあるなんて!と思ったくらい、平和ボケしていたんだなと気づかされた事件でした。旅は安全に気をつけながらも、最大限に楽しみましょう❣️

 

 

 

杏樹ナツキ個別コンサルはこちら

TRUE LOVE個別コンサル

 

他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です