意外と厳しい!?ハワイのお酒のルール

ALOHA!なつきです!

ハワイってお酒にめちゃくちゃ厳しいの知ってましたか?

なつき
え!知らない!どれくらい厳しいの?

日本のお酒の法律は20歳からですが、ハワイはアメリカになるのでお酒は21歳以上となります。たとえ20歳でもハワイはアメリカなのでID確認されてお酒が飲めないです。

かずき
なっちゃんアウトやん笑
なつき
あ!本当だ!20歳だからだめだ😭ガビーん。

ちなみにスーパーでもお酒買えません。IDの提出はパスポートになるのですが、私は一切お酒を買うことが出来ませんでした😭

「大人っぽく見えるから大丈夫!」はアメリカでは通用しないのでお酒を飲む方はIDを携帯しておきましょう

アルコールを買える時間帯は?

なつき
え、お酒を買う時間帯まで決められているの?😲

はい、そうなんです。日本は24時間お酒、アルコールが買えますがハワイは時間が決まっているのです。

ホレストランやバー、スーパーマーケット、ドラッグストアなどでアルコールを購入できる時間帯が限られています。下記がその詳細となります。

◇レストランやバー、クルーズ船、ナイトクラブ等:午前6時~翌午前2時
◇キャバレー:午前10時~翌午前4時まで
◇小売店(スーパー、ドラッグストア、コンビニ等):午前6時~午前(深夜)0時
◇ホテル:午前6時~翌午前4時
◇コンドミニアムホテル:午前6時~翌午前2時

かずき
嘘やろ。めちゃ厳しいやん

意外と知られていないこのアルコールの購入時間。ホテルでちょっと夜飲みたいな〜と思っていても24時を過ぎた時点でアルコール購入が出来ません。

ABCストアなど、深夜まで開いているお店だとしても、0時にはお酒のコーナーにロープや鍵などがされて、一切お酒は売ってもらえないんです。

公共の場所での飲酒禁止

道を歩きながらの飲酒は当然のこと、ビーチや公園でもお酒を飲むことはできません。

注意が必要なのは、ホテルの部屋は公共の場所には当たらないですが、車の中は公共の場所扱いとなるため、車内での飲酒も禁止です。

レンタカー会社の方に確認すると、車の中に蓋が空いてるアルコールが置いてあった時点でアウトだそうです。

なので日本の「運転手以外であれば飲んでも大丈夫」というのが通用しません。
「公共の場所」の唯一の例外は、お酒を提供しているバーやレストランです。法律に違反すると逮捕され、1000ドル以下の罰金、1年以下の懲役になります。

かずき
ハワイ住みたいな思うてたけどこんな厳しいなら無理やわ笑
なつき
確かに日本と違って厳しすぎるね!!

飲酒後の運転(自転車も)はしない方がいい

基本的に日本よりアルコール検査の数値に関しては緩いですが、罰則が日本より厳しいです。

1.14時間の薬物乱用プログラム(講習およびカウンセリング)の受講
2.1年間の運転免許証と運転許可の失効。指定期間中のエンジン始動を制限するイグニッション・インターロック・システムの設置
3.次の3つのいずれか。①72時間のコミュニティー・サービス(いわゆる社会奉仕活動)、②2~5日の留置所での拘束、③150~1000ドルの罰金
4.Neurotrauma Special Fundへの寄付25 ドル
5.裁判所の指示があった場合はTrauma System Special Fundへの寄付25 ドル

厳しいー!!

せっかくのハワイが台無しにならないように、お酒を飲む方であれば事前に調べたからハワイ旅行満喫しましょう❣️❣️

他の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です